カテゴリー「その他」の記事

2021年4月16日 (金)

第11回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご報告

3月20日(土)に予定通りWeb開催いたしました。
---電圧共振・電流共振・LLC・E級スイッチング---
今回も多数ご参加いただき、ありがとうございました。
去年から民間団体の主催するセミナではWeb開催が普通になりましたが、高専でも問題なく公開講座のWeb開催が可能であることが分かりました。公開講座の運営とzoomの操作は電気情報工学科の七森先生が担当されました。
当日の目次をUPします。

ダウンロード - 202104161.pdf

 

2021年1月 6日 (水)

第11回舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座のご案内

電圧共振・電流共振・LLC・E級スイッチング

日時 令和3年3月20日(土)13:30~16:30
オンライン開催:Zoomミーティングを予定

本公開講座は、昨年3月に京都での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス対策のため、中止となりました。その後1年近く経過しましたが、新型コロナウイルスはまだ収束しないので、オンラインにて開催させていただきます。昨年度お申し込みいただいた方をはじめ、電圧共振・電流共振に興味のある方はぜひご参加ください。

ソフトスイッチングの主流の回路方式は、電圧共振型・電流共振型から部分共振型に移行してすでに20年以上経過しましたが、近年電流共振の一種であるLLC方式や電圧共振の仲間であるE級スイッチングが注目されています。電圧共振・電流共振はいくつかの欠点があり、あまり使用されなくなりましたが、LLCコンバータはその欠点をうまくおぎなっており、近年広く使われるようになりました。E級スイッチングはDC/DCコンバータの回路方式としては大きな課題があり、実用化例はほとんどありませんでしたが、近年非接触給電の回路方式として注目されています。パワエレ技術者は電圧共振・電流共振の古い回路方式もよく理解した上で、LLCやE級スイッチングの設計・開発に臨む必要があります。

公開講座の詳しいご案内

ダウンロード - 202101061.pdf

20210106

<電流共振型昇圧チョッパ>

2021年1月 5日 (火)

平地研究室技術メモ一覧表

平地研究室技術メモ一覧表のエクセルファイルを提供します。
技術メモの間違いの指摘やコメントなどありましたら連絡下さい。技術相談も歓迎しています。
企業との共同研究や技術サポートも実施しています。お問い合わせ下さい。企業や公設試での出前授業も実施しています。お問い合わせ下さい。
平地のMailアドレス: hirachi.labアットmbr.nifty.com
(アットを@に変更下さい)
ホームページには新しい技術メモ約60件を表示しています。古い技術メモを見る時は該当するカテゴリーを選択いただくと、最も古い技術メモまで表示されます。
最近の技術メモの目次にはハイパーリンクを設けています。目次から該当技術メモにジャンプできます。

平地研究室技術メモ一覧表

ダウンロード - 202101051.xls

 

2020年6月13日 (土)

電気学会から電気学術振興賞・著作賞を受賞

私の著書「DC/DCコンバータの基礎から応用まで」が評価されて、電気学会から電気学術振興賞・著作賞をいただきました。光栄です。

202006131 202006132202006133

2019年11月 5日 (火)

舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス初心者講座

11月2日(土)に予定通り開催しました。

<<舞鶴高専パワーエレクトロニクス初心者講座>>

◆演習によるリアクトル・トランスの徹底理解とDC/DCコンバータ入門

多数ご参加いただき、熱心に演習に取り組んでいただきました。

「初心者講座」は初めての試みでしたが、アンケートではほとんどの人から「とても参考になった」と回答いただきましたので、今後も初心者向けの講座を計画したいと思います。

ただし、初心者講座というネーミングはあまり評判が良くなかったので、次回は「平地研究室パワーエレクトロニクス基礎講座」という名称で開催したいと思います。ご期待ください (^o^)

 

2019年8月19日 (月)

舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス初心者講座のご案内

演習によるリアクトル・トランスの徹底理解とDC/DCコンバータ入門

日時 令和元年11月2日(土)10:30~16:30(昼食休憩1時間)
場所 メルパルク京都6階 会議室4 (JR京都駅前)

 このたび、平地研究室ではパワーエレクトロニクス初心者講座を計画しました。
 これまでのパワーエレクトロニクス公開講座とは異なり、初心者を対象としてDC/DCコンバータの基礎を分かり易く説明します。特に、DC/DCコンバータで重要な働きをするリアクトルとトランスの動作について詳しく学習します。説明だけでなく、演習をたくさん行い、理解を深めていただきます。
 DC/DCコンバータの基礎からの学習を希望される方が身近におられましたら、ぜひご紹介いただきたく、お願いいたします。

公開講座の詳しいご案内

ダウンロード - 201908191.pdf

 

2019年5月10日 (金)

第10回舞鶴高専平地研究室公開講座のご案内

フォワード型DC/DCコンバータの基礎から応用まで

日時 令和元年8月31日(土)13:30~16:30
場所 メルパルク京都4階 研修室5 (JR京都駅前)

 フォワード型DC/DCコンバータは、数10Wクラスから数kWクラスまで、いろんな用途に広く用いられています。1石式は「ソフトさ」が低く、小容量に限定されますが、アクティブクランプ方式とすると数kWクラスまで使用可能となり、近年では車載DDコンなどにも用いられています。2石式も数kWクラスに対応できます。
 フォワード型はブリッジ型やフライバックトランス型と比べて様々な長所があり、適切に使用すれば大きな効果が得られます。一方、変圧器の励磁電流のふるまいを初め、この回路方式特有の難しさがあり、よく理解して設計する必要があります。本公開講座では、フォワード型の基礎から応用までを分かり易く、そして詳しく、説明します。

公開講座の詳しいご案内

ダウンロード - 20190510.pdf

 

2019年5月 8日 (水)

ギャップの位置が漏れインダクタンスに与える影響

<読んでほしい人:パワエレ技術者>
変圧器の漏れインダクタンスは1次側と2次側の双方に存在します。しかし、通常のDC/DCコンバータでは、漏れインダクタンスが1次側2次側どちらに存在しても、特性にほとんど影響を与えないので、両者の大小関係を意識することはありません。しかし、LLCコンバータでは1次側の漏れインダクタンスだけが励磁インダクタンスと直列に接続されてコンデンサと共振する、という動作モードが存在し、1次側2次側の大小関係がDC/DCコンバータの特性に影響を与えます。変圧器の鉄心にEIコア(下図)を使う場合は、漏れインダクタンスに1次側と2次側で大きな差が発生する場合があり、配慮が必要です。

ダウンロード - 201905081.pdf

1_16

2019年5月 7日 (火)

cocologの不具合と第9回公開講座の御報告

 Niftyのブログシステムcocologは3月19日に全面リニューアルされたのですが、不具合が多く、画像ファイル以外のファイルはアップロードできなくなっていました。やっと連休前にこの不具合が解消され、pdfファイルがUPできるようになり、平地研究室技術メモの更新ができるようになりました。ということで、大変遅くなりましたが、第9回舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座「DABコンバータの基礎から応用まで」の目次と写真をUPします。

ダウンロード - 201905071.pdf

 

 

2019年2月13日 (水)

第9回 舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座のご案内

第9回 舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座「DABコンバータの基礎から応用まで」の申し込み締め切りまであと10日となりましたが、現在の申込者は29名で、まだ11名の残席があります。DABコンバータに興味のある方はぜひご参加ください。

より以前の記事一覧