« 第8回 舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | パワーエレクトロニクスの学術分野における中国の躍進について »

2018年6月18日 (月)

LLCコンバータの研究開発動向

<ブログ本文>
タイトル:LLCコンバータの研究開発動向
カテゴリー:DC/DCコンバータ
<読んでほしい人:パワエレ技術者>
 LLCコンバータ(下図)はDC/DCコンバータの分野で現在最も研究が盛んな回路方式です。古くから知られた回路方式ですが、広く研究されるようになったのは最近です。20年以上前に日本企業によって優れた研究発表が行われていますが、近年はもっぱら海外の研究機関により多数の論文が発表されています。現在LLCコンバータは家電用またはOA機器用として、数十W~百数十Wの容量で広く使われていますが、最近はもっと大きな容量をねらった研究が増加しており、車載充電器や太陽光発電などの用途で数kWクラスを想定した論文が多数発表されています。
詳しい内容 → 「20180618-1.pdf」をダウンロード

 なお、2018/9/1開講予定の第8回 舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座「LLCコンバータの基礎から応用まで」ではLLCコンバータの基礎から応用、および海外の研究報告を多数紹介します。初めて参加される方にもよく理解いただけるように、基礎に立ち返りながら、わかりやすく説明します。興味のある方はご参加下さい。

1

« 第8回 舞鶴高専平地研究室パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | パワーエレクトロニクスの学術分野における中国の躍進について »