« 第6回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | 位相シフトフルブリッジ方式の2次側整流ダイオードのサージ電圧抑制方法 »

2017年6月15日 (木)

位相シフトフルブリッジ方式軽負荷時の励磁電流の振る舞い

<読んでほしい人:パワエレ技術者>
 近年、位相シフトフルブリッジ方式DC/DCコンバータ(下図)は、軽負荷時や微少負荷時でも電力損失を抑制しなければならない用途に使われることが増えています。そのためには、軽負荷時や微少負荷時でもソフトスイッチングを実現する必要があります。軽負荷時にも遅れレグのソフトスイッチングを確保するために、励磁電流を利用することができます。本技術メモでは、軽負荷時における励磁電流の振る舞いとソフトスイッチング動作に与える影響を説明します。
詳しい内容 → 「20170615-1.pdf」をダウンロード

 なお、2017/9/2開講予定の第6回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座「フルブリッジ方式DC/DCコンバータ◆◆基礎・応用・最新技術動向◆◆」では位相シフトフルブリッジ方式を詳しく説明します。興味のある方はご参加下さい。

1

« 第6回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | 位相シフトフルブリッジ方式の2次側整流ダイオードのサージ電圧抑制方法 »