« 昇圧型1石式境界モード制御高力率コンバータのソフトスイッチング | トップページ | 第6回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 »

2017年5月 1日 (月)

位相シフトフルブリッジ方式の軽負荷時のソフトスイッチング方法

<読んでほしい人:パワエレ技術者>
 位相シフトフルブリッジ方式DC/DCコンバータ(下図)は進みレグと遅れレグの2つのレグでブリッジ回路を構成している。このうち遅れレグのソフトスイッチングは、変圧器の漏れインダクタンスに蓄積されたエネルギーを利用して実現されるので、このエネルギーが小さくなる軽負荷時はソフトスイッチングが困難となる。この場合、変圧器の漏れインダクタンスの代わりに励磁インダクタンスに蓄積されたエネルギーを用いてソフトスイッチングを実現することができる。しかしながら、軽負荷時は平滑リアクトルが電流不連続モードで動作することがあり、その場合は励磁インダクタンスに蓄積されるエネルギーが小さくなり、ソフトスイッチングが困難となる。本技術メモではそのような場合でもソフトスイッチングを実現できる方法を紹介する。

詳しい内容: 「20170501-1.pdf」をダウンロード
1

« 昇圧型1石式境界モード制御高力率コンバータのソフトスイッチング | トップページ | 第6回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 »