« PFCコンバータの高周波ノイズ等価回路 | トップページ | 高力率コンバータの基本となる回路方式と制御方式 »

2017年1月16日 (月)

昇降圧型高力率コンバータの入力電流とリアクトル電流

<読んでほしい人:パワエレ技術者>
 高力率コンバータは昇圧型、昇降圧型、降圧型の3種類がありますが、そのうち下図に示す昇降圧型はリアクトル電流不連続モードで使用すると、簡単な制御で入力電流を完全な正弦波に制御することができ、広く使用されています。この方式は平地研究室技術メモNo.20120626において紹介しており、動作原理と入力電流波形計算式などを説明しています。
 昇降圧型高力率コンバータはリアクトル電流境界モードでも動作させることができます。この場合は入力電流を完全な正弦波に制御することはできませんが、その替わり、リアクトル電流のピーク値を抑制することができ、リアクトルの小型化や効率の向上が期待できます。本技術メモでは、昇降圧型高力率コンバータにおいて、リアクトル電流不連続モードと境界モードの双方の場合について入力電流とリアクトル電流の計算式を導出します。さらに、その計算式を用いて波形を描画できる表計算ソフトのワークシートを提供します。
詳しい内容 → 「20170116-1.pdf」をダウンロード
波形描画用ワークシート → 「20170116-2.xls」をダウンロード
1


« PFCコンバータの高周波ノイズ等価回路 | トップページ | 高力率コンバータの基本となる回路方式と制御方式 »