« 昇降圧型高力率コンバータの入力電流とリアクトル電流 | トップページ | 第5回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご報告 »

2017年1月18日 (水)

高力率コンバータの基本となる回路方式と制御方式

<読んでほしい人:パワエレ初心者>
 高力率コンバータ(PFCコンバータ)は1990年代に開発が始まり、非常に沢山の回路方式が提案されています。今なお多数の回路方式が研究されています。沢山の回路方式は昇圧型・昇降圧型・降圧型の3種類に分類されます。制御方式は連続モード・不連続モード・境界モードの3種類があります。今回の技術メモではこれら3種類の回路方式と制御方式の基本的な組み合わせと特徴を説明します。
 なお、3月18日開講予定の第5回舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座「PFCコンバータの基礎から応用まで」では、高力率コンバータの多数の回路方式を体系的に整理して紹介し、それぞれの用途に最適の回路が選択できるように説明します。この分野に興味のある方はご参加下さい。

詳しい内容: 「20170118-1.pdf」をダウンロード

« 昇降圧型高力率コンバータの入力電流とリアクトル電流 | トップページ | 第5回 舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご報告 »