« リアクトル電流逆流動作によるチョッパ回路のソフトスイッチング | トップページ | パワーエレクトロニクスの出前授業 »

2016年5月 2日 (月)

第4回舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内

定員に達しましたので申し込み受け付けを締め切らせていただきました。多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。 (2016/5/24)

<DC/DCコンバータの4つの回路方式について>
① 電流型DDコンの基礎から応用まで
② 双方向DDコンの基礎から応用まで
③ LLC方式の最新の技術動向
④ 位相シフト方式フルブリッジ型の最新の技術動向
日時:2016年8月20日(土)14時~17時
場所:メルパルク京都(JR京都駅前)
詳しい内容と申し込み方法 → 「20160502-1.pdf」をダウンロード

①・・・電流型DDコンは高い昇圧比に適する、入力リプルが小さい、通常のDDコン(電圧型)と双対の関係にある、などの特徴があり、燃料電池・太陽光発電・PFCコンバータ・双方向DDコンなどへの応用に適します。しかしサージ電圧の発生や非線形の制御特性など特有の問題もあり、扱いにくい回路です。平地研究室では電流型のユニークな特徴に注目して10年以上前から研究を続けてきました。今回は電流型の基礎から応用までを詳しく説明します。
②・・・双方向DDコンは近年新エネと自動車の分野で注目されています。多数の回路方式がありそれぞれユニークな特徴を有します。平地研究室ではいくつかの新しい回路方式・制御方式を提案しています。今回は双方向DDコンの基礎から応用までを詳しく説明します。
③④・・・LLC方式は古くからある回路ですが近年急速に応用範囲が広がり、研究成果の報告も増加しています。PSFB(位相シフト方式フルブリッジ型)も古くからある回路ですが、昔から現在まで途切れることなく沢山の研究成果が発表されています。今回はLLCとPSFBの内外の新しい研究成果報告を多数紹介します。
 なお、LLCとPSFBは今回は基礎的な内容は説明しませんので、パワエレ初心者の方は次の技術メモを事前に読んでいただくことを希望します。
No.20140529、「LLC方式DC/DCコンバータの回路構成と動作原理」
No.20110728、「位相シフト方式フルブリッジ型DC/DCコンバータの基本」
No.20110928、「位相シフト方式フルブリッジ型DC/DCコンバータのソフトスイッチングの原理」

« リアクトル電流逆流動作によるチョッパ回路のソフトスイッチング | トップページ | パワーエレクトロニクスの出前授業 »