« 電流共振型DC/DCコンバータの昔の常識と最近の動向 | トップページ | 通常のフルブリッジ型DC/DCコンバータのサージ電圧発生メカニズム »

2015年12月 1日 (火)

第3回舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座のご案内

ご好評をいただいております舞鶴高専パワーエレクトロニクス公開講座を下記のように計画しました。お申し込みをお待ちしております。

 今回は回路方式を3つに絞って深く掘り下げて説明したいと思います。
各回路方式について、動作原理の詳細、回路固有の特徴的な動作、励磁電流の役割と弊害、設計上の注意事項、最近の研究開発動向、などを詳しく説明します。
また、今回は事前のご質問とご意見をうけたまわりたいと思います。
当日の説明内容にご質問とご意見を反映させたいと思います。
(簡単な質問にはすぐに回答します)。
よろしくお願いいたします。

---- 記 ----
内容:DC/DCコンバータの3つの回路方式について
    ①アクティブクランプ方式1石フォワード型
    ②位相シフトフルブリッジ方式
    ③LLC方式
日時:2016年3月12日(土)14時~17時
場所:メルパルク京都(JR京都駅前)
事前質問/ご意見:必要に応じて連絡下さい。

詳しい内容と申し込み方法 → 「20151201-1.pdf」をダウンロード

定員に達しましたので申し込み受け付けを締め切らせていただきました。多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

« 電流共振型DC/DCコンバータの昔の常識と最近の動向 | トップページ | 通常のフルブリッジ型DC/DCコンバータのサージ電圧発生メカニズム »