« 第2回 パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | 電気回路の基本:電力と実効値 »

2015年7月 7日 (火)

電気回路の基本:正弦波交流の計算方法

<読んでほしい人:電気系以外の高専生と大学生>
 前回5月25日の技術メモに続けて電気回路の基本の説明です。電気系以外の高専生と大学生および卒業生のために作成しました。数学の基礎は学習済みで、微積分、三角関数、角周波数、複素数などは使えるが、電気回路の知識はオームの法則だけ、という人が容易に理解できるように記載しています。

詳しい内容 → 「20150707-1.pdf」をダウンロード

« 第2回 パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | 電気回路の基本:電力と実効値 »