« パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | DAB方式のソフトスイッチングの原理とリアクトル電流波形の理論計算 »

2015年1月 6日 (火)

パワーエレクトロニクス学会優秀論文賞受賞

下記の論文がパワーエレクトロニクス学会創立40周年記念会で優秀論文賞を受賞しました。電圧形DDコンと電流形DDコンのサージ電圧発生メカニズムの違いを明らかにし、サージ電圧を定量的に算出する方法を提案しています。実際の設計に役立つ実用的な論文と思います。平地研究室技術メモNo.20110308 「電流型DC/DCコンバータのスナバ回路設計方法について」では計算式の導出過程などを詳しく説明しています。参照ください。

受賞論文: 吉富大祐、伊東淳一、平地克也、「絶縁型DC-DCコンバータにおける漏れインダクタンスとサージ電圧の関係について」、パワーエレクトロニクス学会誌、Vol.37, pp.68-80, 2012

上記論文へのリンク: パワーエレクトロニクス学会誌

優秀論文賞: 「20150106-1.JPG」をダウンロード

« パワーエレクトロニクス公開講座のご案内 | トップページ | DAB方式のソフトスイッチングの原理とリアクトル電流波形の理論計算 »