« DDコンの励磁電流_パワエレ学会での発表 | トップページ | 電圧型+電流型双方向DC/DCコンバータ »

2013年11月 7日 (木)

「励磁電流は2次巻線にも流れる」の先行研究

 最近、「励磁電流は2次巻線にも流れる」のPR活動?を行っていますが、1石フォワード型DC/DCコンバータについては先行研究があり論文発表されている(1)ことを2006年12月24日の平地研究室技術メモで報告しています。そして、プッシュプル型DC/DCコンバータでも先行研究があることが分かりました(2)。平地研究室の論文(3)とはアプローチ方法は異なりますが、プッシュプル型DDコンにおいてスイッチ素子が双方ともOFFしているときは励磁電流が2次巻線に流れることが明確に記載されています。DDコンの動作をよく考えれば必然的に「励磁電流は2次巻線にも流れる」という結論に行き着く、と思います。

(1) 村上直樹、山崎幹夫、「一石フォワードコンバータにおける主トランスリセット条件の解析」、電子情報通信学会、信学技報、PE84-26、1984年
(2) 恩田謙一、阿部公仁、天野比佐雄、松田靖夫、「プッシュプルDC-DCコンバータにおける変圧器の偏磁現象の解析とその一対策方法」、電子情報通信学会論文誌C、Vol. J70-C, No.6, pp.927-935. 1987年6月
(3) 石田武揚、平地克也、「プッシュプル方式DC/DCコンバータの励磁電流と偏磁現象について」、パワーエレクトロニクス学会誌、Vol.38, JIPE-38-19, pp.149-156, 2013

« DDコンの励磁電流_パワエレ学会での発表 | トップページ | 電圧型+電流型双方向DC/DCコンバータ »