« 非対称制御ハーフブリッジ型DC/DCコンバータの基本特性 | トップページ | 電気学会産業応用部門大会に参加して »

2013年7月31日 (水)

LCフィルタの高周波特性の検討

<読んでほしい人:パワエレ初心者>
 LCフィルタ(図1)は2次遅れ要素と考えられ、パワエレ装置の通常の特性解析では図2の等価回路を用いればOKです。なお、RLはLの抵抗成分、Rは負荷抵抗です。しかし、周波数の高い領域の特性を議論する場合にはLとCの寄生要素を考慮する必要があります。そこで、数種類のLとCを用いてLCフィルタの特性を実測しました。そしてLとCの寄生成分を考慮した場合の理論値を導出して比較し、おおむね良好な一致を得ることができたので報告します。

詳しい内容 → 「20130731-1.pdf」をダウンロード
「20130731-2.pdf」をダウンロード
「20130731-3.pdf」をダウンロード

(ファイルサイズが大きいので3つに分割しています)

1

« 非対称制御ハーフブリッジ型DC/DCコンバータの基本特性 | トップページ | 電気学会産業応用部門大会に参加して »