« 多機能チョッパ回路の御紹介 | トップページ | チョッパ回路では誘導起電力は発生しない!? »

2012年9月30日 (日)

スイッチング電源における配線の影響

<読んでほしい人:パワエレ初心者>
 スイッチング電源では配線のインダクタンス成分によりスイッチ素子に大きなサージ電圧と振動が発生します。スイッチング電源では配線を極力短くしてそのインダクタンス成分を抑制する必要があります。今回の技術メモではサージ電圧の実測波形とサージ電圧と振動の発生原理を説明します。

詳しい内容 → 「20120930-1.pdf」をダウンロード

« 多機能チョッパ回路の御紹介 | トップページ | チョッパ回路では誘導起電力は発生しない!? »