« 励磁電流の重要な性質 | トップページ | 電流が先か電圧が先か(リアクトルの場合) »

2010年9月30日 (木)

電流が先か電圧が先か

<読んでほしい人:パワエレ初心者>

電磁気学では次のように教えます。
① 電流が流れると磁界が発生する(アンペアの法則)。
② 磁界に対応して磁束が発生する(B=μH)。 
③ 磁束が変化すると電圧が発生する(ファラデーの法則)。

電磁気学の教えを疑うわけではありませんが、この考え方ではトランスの設計はできません。トランス屋さんは次のように考えます。
① 電圧を印加すると磁束が発生する。
② 磁束に対応して磁界が決まる。
③ 磁界に比例して電流が流れる。

このように、電磁気学では電流が先で電圧が後、トランス屋さんは電圧が先で電流が後、と考えます。トランス屋さん方式で考えて始めてトランスの設計ができます。

詳しい内容 → 「20100930-1.pdf」をダウンロード

« 励磁電流の重要な性質 | トップページ | 電流が先か電圧が先か(リアクトルの場合) »