« 昇降圧チョッパ回路の電圧、電流波形 | トップページ | 昇圧チョッパはなぜ「昇圧」できるのか? »

2008年2月 7日 (木)

リアクトル電流の考え方

<読んでほしい人:電気系の高専生と大学生>
次の問題は電気系の高専生や大学生にとってかなりの難問のようです。
問題:図1の回路でスイッチSWを1秒間隔でON/OFFさせた。5秒後までのリアクトル電流iの変化を図示せよ。
答えは図2の通りです。この問題を考える時の鍵は次の3つです。
(1) リアクトル電流の変化は電圧時間積に比例する。
(2) リアクトル電流は連続する。
(3) リアクトルの電圧は電流経路によって決まる。
そしてこの3つの原則はチョッパやインバータなどリアクトルを用いた全ての電力変換回路の特性を検討する鍵となります。
詳しい内容 → 「20080207-1.pdf」をダウンロード

1_2

« 昇降圧チョッパ回路の電圧、電流波形 | トップページ | 昇圧チョッパはなぜ「昇圧」できるのか? »