« アナログオシロの使い方(同期の必要性) | トップページ | チョッパ回路の考え方 »

2006年9月 2日 (土)

電池とパワーエレクトロニクス

<読んでほしい人:高専生と大学生およびパワエレ技術者>
 下図に電池とパワーエレクトロニクスの関係を示します。電池は整流器、インバータ、DC/DCコンバータなどのパワエレ装置の助けを借りることによってその性能を発揮しているのです。この電池とパワエレのシステムは携帯機器、自動車、産業設備など広い範囲で用いられており、現代社会と先端技術を支えています。
 現在、電池は化学の1分野、パワエレは電気工学の1分野として個別に研究されており、両者の密接な関係に適合した研究体勢とはなっていません。電池とパワエレの両者を合わせて1つの学問分野として研究されるべきであり、そのための仕組みを検討しなければならないと思います。

1_11
 詳しい内容 → 「20060902-1A.pdf」をダウンロード 

« アナログオシロの使い方(同期の必要性) | トップページ | チョッパ回路の考え方 »