« トランスレス方式UPSの原理 | トップページ | パワーエレクトロニクスとは »

2006年8月20日 (日)

コンデンサは電流で充電、リアクトルは電圧で充電する!

<読んでほしい人:電気系の高専生、大学生>
v=L(di/dt) の公式を知らない人はないでしょう。しかし、次の問題にすぐに解答できる人はほとんど居ないのでは?
<問題> 図1の回路でスイッチSWをONしてから1秒後までの電流iの変化を図示せよ。

解答は図2の通りです。この解答は公式v=L(di/dt) から簡単に導出できます。
電気回路、特にインバータやチョッパなどパワエレで使用する回路ではリアクトルの電流を推定することが非常に重要です。コンデンサは電流で充電して電圧が発生することは誰でも知っているでしょう。リアクトルはコンデンサとは逆に「電圧で充電して電流が発生」するのです。このことを理解しておればリアクトルの電流は容易に推定できます。

1_9

これを読めば理解できるよ。 → 「20060820-1A.pdf」をダウンロード

« トランスレス方式UPSの原理 | トップページ | パワーエレクトロニクスとは »